子どもの選択

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもの選択


「自分で考えてごらん」
「自分でやってみていいよ」


子どもが大きくなるにつれて、日常生活の中でこんなふうに促す場面、
増えてきますよね。

―ね~、これどうすればいいの?
「ナオはどうしたらいいと思う?」

親の判断を頼る子どもに対して、自分で考えることを促すことも。

子どもの成長に応じてこういった接し方を増やしていくことは、
とても適切な判断です。


ですが、この時に1つ、気を付けておくべきことがあります。


注意すべきは、子どもが自分で考えた案・やり方ではうまく行かなさそうな時。
親心から、つい「そうじゃなくて、こうすれば」と言いたくなってしまう
瞬間があります。

でもその口出しは、ぐっと我慢!
仮に子どもが選んだ方法がトンデモナイものだったとしても、
そのままやらせてあげること、常に意識しておくことが大切です。

その理由は2つ。順にご説明しますね。


(1)信頼メッセージ

子どもに「どうしたらいいと思う?」と問いかけたり、
「自分でやってごらん」と促したりした後に、
「そうじゃなくて、こうすれば」と言ってしまうと、
子どもには「あなたの案はダメだ」というメッセージが伝わります。

これは、自分に任せてもらえたことで一度は手に入れた
『親に信頼されている』という感覚を一気に台無しにしてしまう、
非常に残念なコミュニケーション。

確かに、目の前の作業がうまく行くことも大事かもしれません。

ですが、子どもの自信を育む大切な栄養である“親からの信頼感”を
犠牲にしてしまうのは、もったいなさすぎます。


ヒント提供がすべて悪いわけではありません。

「もしパパの案も聞いてみたかったら、尋ねてもいいよ」
と言ってあげて、ヒントをもらうかどうかの選択も、子どもに
委ねればOKです。

ただし、これは子どもが自分の案を言う前に伝えましょうね。

子どもが自分の案を出した後だと、
・何も言わない=子どもの案でOKと判断した時
・この声かけをする=子どもの案がイマイチと判断した時

との親の本心が透けて見えてしまいますから(^^ゞ

また、聞いたヒントを使うかどうかも、子どもの判断。
「教えてやったのに、その通りにやってない」なんて、
腹を立てないでくださいね。


(2)子どもの選択を尊重・経験を確保

説明する前に、場合分けを整理して考えてみます。

1つの軸は、事前に選択可能な部分。
「親に言われた通り行動する」⇔「子ども自身の考えで行動する」

もう1つの軸は、やってみなければわからない部分。
「結果的にうまくいく」⇔「結果的に失敗する」

この2×2で、4つのパターンがあり得ます。


<パターン1>
「親に言われた通り行動する」×「結果的にうまくいく」

子どもは、親に言われた通りにやってうまく行くことは、
当たり前と思っています。
この場合、目先の作業はうまく行きますが、子どもにとっては
特に何も記憶に残らず経験値にもなりません。


<パターン2>
「親に言われた通り行動する」×「結果的に失敗する」

前述の通り、子どもは『親の言う通りにやればうまく行って当然』と思っています。
なので、言うことを聞いて失敗すると、子どもはものすごーく親を恨みたくなります。
「言った通りやったのに、ぜんぜんうまく行かないじゃないかっ」

この心理状態では、失敗から学ぶなどは到底無理。
もちろん、再チャレンジに向かう意欲も湧いてくるはずはありません。


<パターン3>
「子ども自身の考えで行動する」×「結果的に失敗する」

この状態は、子どもにとっては日常茶飯事。
何度か失敗を繰り返す程度では落ち込むこともありません。
場合によっては、失敗の過程で何か発見して学びにつながることもあるでしょう。
次のチャレンジにも、困難なく進んでいきます。


<パターン4>
「子ども自身の考えで行動する」×「結果的にうまくいく」

これはもう、すごーくうれしい瞬間です!
記憶にも強く残り、「こうすれば、うまく行くんだ」という
大きな学習効果が生まれます。

また、特定の作業がうまくできるというスキル習得に加えて、
「何回失敗しても、いろいろチャレンジしていれば、きっといつか成功する!」
という成功体験が得られる点も、大きなメリットです。


4つのパターンすべてを紹介しましたが、これを『事前に選択可能な部分』
でまとめると、このようになります。

【選択肢A:親に言われた通り行動する】

→ <パターン1> + <パターン2>

→ 子どもが受け取る結果は・・・

 ・うまく行ったら当たり前で、何も記憶に残らない
 ・失敗したら親を恨む
 ・失敗から学ぶ×、再チャレンジ×




【選択肢B:子ども自身の考えで行動する】

→ <パターン3> + <パターン4>

→ 子どもが受け取る結果は・・・

 ・失敗しても当たり前
 ・失敗から学ぶ○、再チャレンジ○
 ・うまく行ったら大きな学習効果
 ・「チャレンジを繰り返して成功した」という成功体験



「子ども自身の考えで行動する」ことをお勧めする理由、もう
説明不要ですよね。

~~~~~~

可能な限り子ども自身が考えて、行動することをお勧めする2つの理由、
おわかりいただけたと思います。

親の役目があるとしたら、それは『子どもの間違いを正す』ことでも、
『子どもの失敗を防ぐ』ことでもありません。


『自分で考えること・行動することを促す・励ます』ことと、

『失敗した時は努力を認めてあげて、学びをサポートする』こと
(がんばってるね。今度はどこを変えたら良さそうかな?と
 問いかけてあげる)

『成功した時は努力を認めてあげて、一緒に喜んであげる』こと

この3点こそが、子どもの成長を支えるために適切な親の役目。


子どもの成長に後れを取らないように、この意識をしっかり持って
接してあげていただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。