旅行の時こそ、お小遣い

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅行の時こそ、お小遣い

夏休み・お盆休みに家族旅行に出かける方も多いことと思います。

今日は、そんな旅行の機会を活かして、子どもにお小遣いを与えましょう!
とのご提案をお届けします。


自分のお金の管理・やりくりを学ばせる――というと、
一般的には毎月のお小遣いをイメージしますよね。

ですが、お金のやりくりに慣れていない子どもにとっては、
1か月という期間はちょっと長すぎます。

うまく管理できない月が続くことで、お金の管理に苦手意識を
持たせてしまっては、本末転倒ですよね。


そこで、最初の入口として最適なのが『旅行中のお小遣い』。

数日間の日程に対して、自由に使えるお金をまとめて預ける方法です。



旅行中にお小遣いのやりくりをすることのメリットは、期間が短いことに加えて、
旅程がわかっている、という点があります。

どんな場所で、どんな過ごし方をするか予定が決まっているので、
お金を使いたい場面の予想もしやすい点が好都合です。

―ソフトクリームを食べる

―ゲーム・娯楽(射的、UFOキャッチャーなど)に使う

―公園で鯉のエサを買う

―自分の気に入ったお土産を買う

―友達にお土産を買う


子どもがお金を使う場面と言えば、だいたいこんなところでしょうか。


この時、子どもにとって良い経験とするために、次の3つのコツを守ることが重要です。

・最初にまとめて与える

・自由に使って良いと伝え、使い道には干渉しない

・途中で足りなくなっても追加しない



もし、お金を使わずに残そうとする傾向の強い子であれば、

・余ったら回収する

というルールを追加しても良いかもしれません。


特に大切なのは、約束通り「自由に使わせる」ことと、
そのための時間を与えること。

―大人から見て「???」と思うような使い道をしていても、口を出さない。

―「どれを買ったらいいと思う?」と訊かれても、ストレートには答えず
 「パパだったらこれにするかなぁ」程度にする。

―『お金の使途を決める』という慣れない課題に時間がかかるのは
 当たり前と心得て、悩む子どもをたっぷり待ってあげる。


(もし、あまりに時間がかかりすぎて困ってしまうなら、10分前に
 「・・時になったら出発するよー」と伝えてあげましょう)


大人の側も慣れるまでは、待つことにイライラしてしまうかも知れません。

でも、この悩むプロセスこそが、子どもに経験させたかったことですよね。


ゆっくり、じっくり、見守ってあげていただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。