夏のがんばり賞

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏のがんばり賞

先日のブログでは、宿題をやり残した子どもへの接し方をご紹介しましたが、
中には「もう全部終わった!」というお子さんもいることと思います。

今日では、そんな子どもへの接し方について、お届けします。


―夏休みの宿題を片付ける

―宿題以外の課題(作文や絵の応募など)に取り組む

―ラジオ体操に参加する

―学校のプールに通う

―習い事を継続する


こういった“夏休みの取り組み”も、できていないと目について気になるもの。
必然的に声をかけることになります。

一方で、順調にできている時ほど目につかないものでもあります。
内心で「よしよし」と思って、特に声を掛けない
あるいは、
そもそも気が付かない
といった状態になりやすいのは、ある意味で仕方のないことです。

ですが、この接し方は子どもから見れば
『よくできている時は何も言ってもらえない、不調の時だけ関心を持ってもらえる』
という状態。
それが望ましくないことは、お分かりですよね。


よくできている時、よくがんばっている時こそ、
しっかり声をかけてあげること、改めて意識してみてください。

「宿題やってるのか!自分でいつやるか決められているんだね」

「旅行の前に、感想文を書いてしまうことにしたんだね。
 よく考えて動けてるね」

「ラジオ体操、もう20回も行ったのか~。しっかり早起きできているんだね!」

「この夏は一度も病気しなかったね。ご飯をしっかり食べて、
 からだを動かして、よく寝て、毎日を過ごせたからだね」



とは言え、「意識してみてください」だけでは、効果的に実践するのは
難しいですよね。

なので、とっておきのコツを2つ、お伝えしますね。


ひとつは、意識の持ち方。

『褒めること・認めてあげるものを見つけて、声をかけよう』

という意識では、おそらくうまく行きません。

前述のとおり、順調に進んでいる時というのは、いちばん思い出しにくい
状態だからです。


そうではなく、

『とにかく1日1度、褒める・認める声掛けをする、と決めてしまう。
 そして、声をかける時に褒める・認めるためのネタを探す』


という意識の方が、より確実に実践できます。
慣れるまでは、携帯電話で毎日アラームをかけて思い出す――くらいの
ことをしても良いでしょう。


もうひとつは、表現方法。
言葉で伝えてあげるのが基本ですが、時には違った方法も使っても
良いでしょう。

私のお勧めは、自家製の賞状をつくってあげること。

PCをお持ちであれば、ワープロソフトで簡単に作れます。
ネットで探すと、無料で賞状用の枠の画像が見つかりますよ。

手書きだって、もちろんOK!

どんな作り方でも、「自分の頑張りを認めてもらえた!」との
大きな実感が得られること、間違いありません。

※参考に、私が先日娘にあげた賞状をご紹介します
<クリックで画像拡大します>
夏のがんばり賞・賞状


ぜひ皆さんも、子どもの夏のがんばりに対して、
賞状を授与してあげてくださいね!

繰り返し注意しますが、
「賞状を与えるほど、がんばったか?」
と考えてはいけませんよ!

賞状を出す、と先に決めてしまいましょう。
それから「賞状に書くネタは、どれがいいかな?」と考えて、
子どもが良くできたことを表彰してあげましょう。

そうすることで、子どもは手応えを得て自信を深め、
ますますがんばれる子に育つもの。

90%できていない子でも(そんな子だからこそ!)10%のできていることを、
盛大に褒めてあげてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。