努力体質の育て方

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


努力体質の育て方

今日お伝えするのは、子どもの取り組みを褒める時のコツについて。

結論から言うと、
「能力や結果よりも、努力を褒めてあげましょう」
です。

「結果が良かった」
あるいは
「才能がある」「頭が良い」「運動神経が良い」「音感が良い」
などではなく、
「よくがんばった」「いっぱい練習した」「集中して取り組んだ」
ことを、話題の中心に据えてあげることを、お勧めします。


もちろん、『1位』『優勝』『入選』などの輝かしい結果が出た時、
それに触れてはいけない、ということではありません。

ですが、その時もこんな言い方が望ましいです。

「優勝したのか!おめでとう!!
 毎週毎週よく練習してたから、いつの間にかすごく上手になっていたんだね。
 練習の成果が出せてよかったね~」


~~~~~~

私事で恐縮ですが、わが家の話を少し。

4年生の娘は、ものすごい努力家。
いろんなことにチャレンジして、しっかり努力を積み重ねることが
できるようになってきました。

その一例が、水泳大会。
(少し前の話になりますが)夏休み最終日の9月1日、娘は市民大会に
出場しました。

娘は、昨年の夏(3年生の時)に、ようやく25mを泳げるようになった
程度の腕前です。プールは好きでよく遊びに行きますが、
スイミングを習ったことはありません。

それで50m自由形、50m平泳ぎ、100m(25m×4人)リレーの全ての競技に
出ると言うのですから、なかなかハードルは高めです。

最難関だったのは、飛び込みスタート

学校でもやったことがない。
遊びに行く市営プールもレジャープールも、当然ながら、すべて飛び込み禁止。
「人生で一度もやったことがない」という状態からのスタートでした。

大会の案内を見ると、飛び込みはしなくても良いと書いてあります。
ですが娘は「練習して、飛び込みスタートでやる」と決意は固い様子。

私と一緒に飛び込みの練習ができるプールを探し、3日間で特訓して、
大会では立派に飛び込みスタートしていました。


(大会の結果は、表彰台には届かず、楽しみにしていたメダルは
 もらえませんでした。
 それでも、娘には大きな手応え・達成感があったようで、
 とても満足気な顔をしていたのが印象的でした)


~~~~~~

「何事にも努力できるようになった」というのは100%本人の資質ですが、
その資質が強くしっかり伸びて花を咲かせることができたのは、
私が与え続けた水と肥料も関係あるはず、と思っています。

その「水と肥料」とは、冒頭でお伝えした「能力・結果よりも、努力を褒める」。

これまでのいろいろな場面――でんぐり返り、書道、自転車、勉強、
三つ編みなど――で、意識して接してきました。

もちろん、この水泳大会でも同じです。
本人の努力を話題の中心に置いて、たっぷりと褒めてあげました。


―初めての大会だったのに、堂々と参加して泳ぎ切ってきたね!

→大会に参加する、という意志決定・チャレンジ意欲が、真っ先に
 褒めてあげるべきポイント。ここは外せません。



―飛び込みスタートできたね!いっぱい練習したもんね~
 練習を始めたばかりの頃より、ずっと上手だったよ!


→実際には、腹も打ってバッチャーン!といった具合でした。
 本人が見ても100点満点で40点くらい、と思うかも知れません。
 ですが、40点という出来に注目するのではなく、足りない60点を
 言うのでもなく、0から40まで伸ばした努力に話題をフォーカスします。



―クイックターンも見事だった~
 クイックターンは3回くらい練習しただけで、すぐにできる
 ようになったよね。
 きっといつもプールでイルカジャンプとかやってたからだね~


→一見、努力しないでできたように思えることも、過去の経験の
 積み重ねで得られたものということが、わかるように伝えます。



そしてこの努力は、間違いなく賞賛と尊敬に値する偉業。
口頭で褒めるだけでは終わらせず、迷わず賞状作成です(笑)
水泳大会表彰状

→参考:夏のがんばり賞


これからの季節は運動会、学芸会、作品発表会など、褒めてあげ
られる機会もいっぱいあると思います。

『こう褒めたら、子どもはこう育つ』との因果関係を証明することはできませんが、
『努力を褒めてもらえれば、さらに努力できる子に育つ』と、
私は強く信じています。

この考えに賛同していただけるなら、ぜひ気にかけて接してあげてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。