飛び込み、特訓!

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飛び込み、特訓!

先日このブログで書いた、娘の『飛び込み特訓』

一部の方からのご要望があったので、詳しい様子をご紹介します。


まず最初は、練習場所探し。
学校プールも、市営プールも、レジャー施設のプールも、
飛び込みはできません。

そこで思い出したのが、昨年、娘・母・祖母の3人組で旅行に行った温泉旅館です。

山梨県石和温泉「石水庭旅館 笛吹川」


プールがあって、スイミングスクールなどが合宿に来ることがある、と
聞いていました。
昨年3人が行った時は、合宿客はなく貸切状態で自由に泳げたから、
空いていれば飛び込みだってOKのはず。

連絡してみたら、やはり他にプールを使うお客さんがいなければ
飛び込みも大丈夫とのこと。


プールが空いている日で私と娘の都合のつく日程を調整して、
2泊3日の旅程が決まりました。
父と娘の合宿旅行です(笑)

ずっと練習では飽きてしまうので、プールは1日2~3時間程度と決めて、
他のことも楽しみつつ練習することにしました。


まず初日。旅館に着いたら、何はともあれ1回試してみよう!と。

先に私が見本を見せて…
[広告] VPS



娘も試しに、飛び込んでみました。
[広告] VPS




「飛び込む」と言うより、「落ちる」でした(^_^;)
人生初ですから、うまくできなくて当然です。

ここから練習スタート。

-初めはプールサイドから、
 次にスタート側の少し高いプールサイドから、
 最後に飛び込み台から、
 と段階的にステップアップして、練習を重ねます。

―要所要所でビデオ撮影して、自分のフォームを確認します。

―練習ばかりでは飽きてしまうので、時々遊びながら。
 プールサイドでかくれんぼしたり、水かけっこしたり。

―またしばらく飛び込み練習して、
 煮詰まってきたらクイックターン練習に切り替えて、
 休憩を入れて、再度飛び込み練習へ。

―途中で何度か、本番同様に飛び込みスタート→クイックターンで
 50mのタイムも測ってみたりして、気分を盛り上げながら。


こんな具合で3日間、練習を続けました。


ある程度は飛び込めるようになってきたものの、
まだまだ顔・胸・お腹を水面に打ってしまうことがなくなりません。

最後日、残り時間も少なくなってきた頃、困り果てた娘は
私にアドバイスを求めてきました。

しかし、それまでも何度もアドバイスを求められて、
私も思いつくことは言い尽くしてしまっていました

そこで、ちょっと発想を転換するアイデアを提供してみました。

―うーん、これまでいろいろ考えて、あれこれ試してきたよね。
 それだけでも、充分に上達したと思うよ。

 でも、それ以外の方法でもっと上達したいと思うなら…
 理屈で考えるのをやめて、とにかくたくさん飛び込んでみる!って
 方法もあるかもね。

 決してお勧めするわけじゃないけど、思いつくのはそれくらいかなぁ



いくぶん迷っていたようですが、結局娘はハラを決めたようです。

「今から、とにかくたくさん飛び込む。
 残り時間で、何回くらいできると思う?」


―10回か20回ならできると思う。休みなくどんどんやれば、30回できるかも。

「じゃ、30回やる」

―そうか、わかった。
 でも、辛くなったらいつでも止めて良いからね。



宣言通り、飛び込んでは上がり、飛び込んでは上がり、
やがて「どうせ飛び込むだけだから関係ない」とゴーグルの
曇りを取ることもせずに猛練習する娘。

ところが、27回目の飛び込みで、ハプニングが娘を襲います。

両方の鼻から、鼻血がタラーと・・・

連続して水に顔を打ち付けていたからでしょう。
見れば、顔も胸も赤く腫れています。

―よくがんばったね!お父さん、すごく立派だなぁって感心してるよ。
 鼻血が止まったら、帰ってゆっくり休もうね


「帰らないよ!まだ27だもん。鼻血が止まったら、あと3回やる」

―でも、帰りの電車の時間が決まってるから、そんなに延長できないなぁ

「お土産屋さんに行く時間をなくしていいから、やる」

しばらくして鼻血が止まると、また飛び込み台に向かう娘。


なんだかスポ根マンガみたい…とも思いつつ、
思った以上にがんばり屋さんの娘に感動しながら、見守る私。


そうして、最後の1回を録画したものが、これです。
[広告] VPS




まだまだ全然上手とは言えないけれど、
最初の“落下”から比べると、だいぶ進歩しました。

娘がプールから上がってきた時の表情も、
「やれるだけのことは、やりきった!」という満足感で輝いていました!

~~~~~~

本番の水泳大会では、ちょっとお腹を打ち気味の飛び込みでしたが(苦笑)、
自由形・平泳ぎ両方とも、この3日間で測ったベストタイムを
大幅に更新してのゴール。

すごくいっぱい努力して
その努力が実を結んだことも実感できて
娘にとって、素晴らしい体験になったなぁ!
と思うと同時に、

私が「教え育てる」役割が、順調に小さくなりつつあるなぁと実感した、夏の終わりでした。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。