100点テストの褒め方

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


100点テストの褒め方

小学校低学年くらいですと、比較的、テストで100点が取りやすかったりします。

学校の勉強が得意なタイプの子だと、いつも良い点数を持ち帰ってくる――なんて
こともあるでしょう。

そんな時に、安易に「すごいねー!」「おっ、頭いいな☆」と言ってはいませんか?


今日は、テストの点数が良かった時の褒め方について、お伝えします。


まず最初に、心掛けるべきは「ちゃんと見たよ」とのメッセージを
子どもに送ること。

言葉に出して「さっき出してくれたテスト、見といたよ」でもいいですし、
子どもがいる時に見るようにしてもOK。


特に、配布物やテストを出し忘れることのある子には、意識的に

「出してくれて助かった」

「見られて良かった」


とのメッセージを投げかけてあげましょう。


次に、テストの結果についてコメントします。
ここで注意すべきは『評価』『論評』はしない、という点です。

子どもの成長に立会い、見守る人として、単純に『感心』してあげられれば、
それで充分です。

もし「ずっとがんばってきて、ようやく取れた100点!」なら、
一緒に『感動』すれば良いのです。

「いつも90点とか100点とかで、パパ、感心するなぁ」

「ついに100点取れたね!これまでがんばってきた甲斐があったね~!」



続けて、子どもを褒めてあげるのですが、ここが重要です。

決して“才能”“能力”を褒めるのではなく
良い結果を生み出した“努力”を認め、褒めてあげるよう、
意識してください。

×「頭がいい」

×「何でもすぐ覚えられる」


○「先生の話、よく集中して聞いていたんだね」

○「宿題もしっかりやっていたもんね」



この時に悩ましいのが、特に努力をしていないように見える場合。

そんな時も、これまでの人生で積み重ねてきたものが、
今の結果につながっていることは間違いありません。

子どもの好きだったこと、よく集中して取り組んでいたことを思い出して、
がんばりを褒める言葉をかけてあげましょう。

「キョウちゃんは小さい頃から、いっぱい本を読んでいるからね。
 自然と国語が得意になったんだね」

「ダイは昔から数字に興味あったよね~。
 スーパーで片っ端から値段を読み上げていた時もあったんだよ!
 計算が得意なのは、その頃から興味を持っていたおかげかな」

「ミエって保育園の頃からお絵描きが大好きだったんだよ。
 理科の観察の絵も丁寧に描いていたね。
 それで植物に詳しくなれたのかもね」



このように“才能”ではなく“努力”を褒めるのは、以前にお伝えした
勉強以外の『がんばったこと・成し遂げたこと』と同じです。

→参考:努力体質の作り方



なぜそうするのが良いかについて、さらに詳しくお伝えしますね。


“才能”を褒められた子どもは、ますます才能を発揮することに
気持ちが向かいます。

才能というのは、自分の中に(はじめから)持っているもの。
となると、新たな努力を必要とせずに100点を取ることが、ゴールとなります。
言い換えると、『努力をしないこと』が大切になってくるのです。

(余談ですが、私も中学生くらいまではこのタイプの考え方でした。
 勉強しないで100点が理想!と、本気で思っていました)

次回は努力せずに100点が取れるかもしれません。
ですが、それがいつまでも続くとは限りません。

と言うよりも、絶対に近い将来には続かなくなります。

そんな時に才能を褒められて育った子は「自分には才能がない」
という恐ろしい現実に直面することになります。

それはテストの点が悪いというだけの問題ではありません。
自己肯定感・自尊感情の危機と言っても過言ではない、
そんな人生の大ピンチです。


大抵の子は、ここで苦しい言い訳やごまかしに走ることになります。

―意欲のないふり・本気で取り組んでいない態度を取る
(点数が悪いのは、本気を出していないから。
 才能がないわけじゃない、という言い訳)

―こっそりカンニングをする
(才能があるとの偽り)

―返されたテストをふざけて破る・捨てる、忘れたふりをして親に出さない
(発覚するのを防ぐごまかし)

いずれにしても、本人にとっても可哀想な方向に進んでしまう
可能性が高く、とても心配です。


一方で、“努力”を褒められた子は、ますます努力することに
気持ちが向かいます。

努力というのは、今はできないことを、できるようになるためのプロセス。
知らないこと・わからないこと・できないことに直面した時こそががんばり時!
とのメンタリティが育ちます。

いつか将来、勉強がわからない・テストの点が悪いなどの試練に出遭っても、

―もっと努力してみよう

―やり方を変えてみようか?

―どうしたら良いか、訊いてみよう


など、前向きの発想が生まれやすくなります。

もちろん一時的に落ち込んだり、休憩を必要とすることもあるでしょう。

それでも、努力を褒められて育った子なら、親に気持ちを受け止めてもらって
心と体を休めることができれば、きっと前に進む元気と意欲が取り戻せるはず。


小学生だと、わりと頻繁にテストを持ち帰ってくることが多いと思います。

そうした日常の機会を活かして、子どもの“努力”への意欲を育んで
あげていただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。