「ゲームに熱中させておく」という便利さ

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ゲームに熱中させておく」という便利さ

ここ最近、子どもの携帯ゲーム機やスマホとの付き合い方を考えさせ
られるような場面に、立て続けに遭遇しました。


1つ目は、電車の中。

中学生くらいの男の子と、その母親らしき女性の2人組が座席に
座っていました。
子どもは携帯ゲーム機、母親はスマホをいじっています。

しばらくして、親がスマホをカバンにしまいました。
なにか話すのかな…と思ったら、そのまま眠ってしまいました。
子どもは、引き続きゲームをしていました。
私が電車を降りるまでの30分間、2人は一言も言葉を発することは
ありませんでした。



2つ目は、ショッピングモールの中のフードコートにて。

小学5年生くらいの男の子と、その母親らしき女性の2人組が、
私の隣の席につきました。
子どもはゲームに夢中です。

母「なに食べる?お母さんが選んじゃっていい?」
子「(ゲームを続けながら、数秒の間をおいて)・・・うん」



3つ目は、近所のスーパーにて。

私が買い物に立ち寄って自転車を停めていると、入口横(屋外)の
ベンチに3人の女の子が座っているのに気がつきました。
おそらく姉妹でしょう、4年生・2年生・年長くらいの年頃です。
そして3人とも、携帯ゲーム・スマホを1台ずつ手に持って、
夢中になっていました。



こうした機器は、確かに便利です。
子どもにとって退屈な“待ち時間”を楽しく過ごすことができて、
親も子も非常に助かることは事実です。

わが家でも、移動時間の長い外出・旅行には、息子がDSを持参
していた時期もありますし、最近ではスマホ持参です。
(娘はそういったものに興味がなく、いつも本を持ち歩きますが)


ただ、気を付けておきたいのが、
「便利に時間をつぶさせているうちに、大切な時間まで失ってしまう」
という危険。


最初の例で言えば、それは親子の会話のチャンスかもしれません。

中学生くらいの年頃は、男の子と母親がゆっくり話し合うことが
難しくなってくる時期。
移動中のちょっとした時間は、普段は聞くことのできない子どもの
声を聞く絶好のチャンスなのです。
電車だと横並びに座ることになりますが、向かい合わせではなく
同じ方向を向いて隣り合わせになっていることも、話しやすい状況です。


2番目の例では、もしかしたら、この子はまだお腹が空いて
いなかったのかもしれません。
もともと食べることに強い関心のないタイプだった可能性もあります。
ですが、『食べる』ことは、生きるための基本的な欲求のはず。
食事への意欲が失われていることは、注意すべきシグナルと捉えるべき。

子どもの『食べる』ことへの関心さえ、ゲームで塗りつぶされて
しまっているのでは…と怖くなったのが、正直な実感です。


最後の例については、親の気持ちもよくわかります。

小さい子どもを連れての買い物は、確かに面倒です。
勝手に商品に触ってしまったり、「買って~」攻撃が始まったり。
しかもそれが3人ですから、遠ざけておきたくなるのも仕方ありません。

ですがその一方で、その“面倒な時間”は、子どもが我慢することを
覚えたり、世の中のルールを身に付けたりする時間でもあるのです。
また、生鮮食品を見ながら季節感を養ったり、お金でモノを買うという
社会の仕組みを見て学ぶ経験でもあります。


~~~~~~


子育てには面倒なことが多いですよね。思い通りにならないことばかりです。
工夫してもすぐには成果が出ないことも多いうえに、
そもそも努力が報われるとも限りません。

だから、そういった苦労を避けたいと思うのは自然なこと。

子どもにゲーム機・スマホを触らせておけば、“待ち時間”だけでなく、
これらの面倒・苦労からも解放されることができます。


でも、それらの“面倒”なコミュニケーションのひとつひとつが、
子どもの成長を支える大切な経験になっている
――ということにも
気が付いておいてあげてください。

ゲーム機・スマホに子守をさせていては、そういった経験が
失われていく
――という危機感も、忘れないでください。


「ゲーム・スマホ禁止」
「いつも親が我慢して、苦労して、子どもに付き合う」
ではありません。

親の心身のコンディションを良く保つことは、子どものためにも最重要です。
決して無理はしないで。

可能な限り親の側に余裕が持てるように準備して、
子どもとの時間を過ごすことを意識して新しい年を迎えていただけたら、
私もとてもうれしいです。



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト


はじめまして。
ゲームネタなので思わずコメしたくなっちゃいました。

まったく同感です。
私も親子で出かけるような場所によく行くので
3つのような場面には しばしば遭遇します。

たとえば、
旅行先での食事時に まったく会話をしない家族を目撃したことがあります。
同行している小学生高学年の男子が 食事中に下を向きながらゲームをやってるんです。
外出先まで持ち歩くほどやめられない状態は
おっしゃるように 大切な時間を失っていると思います。

DS等をやるなとまでは言いません。
適度に かつルールを守ってやれればいいと思います。
その道筋をたててあげるのが 大人ですね。
おでかけ親父さん、

コメントありがとうございます。
同じような場面、目撃されているのですね。
そういう状況が多く起こっていること、ちょっと悲しいです。。

うまく大人が導いてあげて、適切な付き合い方を身につけさせてあげられるといいですよね。


> はじめまして。
> ゲームネタなので思わずコメしたくなっちゃいました。
>
> まったく同感です。
> 私も親子で出かけるような場所によく行くので
> 3つのような場面には しばしば遭遇します。
>
> たとえば、
> 旅行先での食事時に まったく会話をしない家族を目撃したことがあります。
> 同行している小学生高学年の男子が 食事中に下を向きながらゲームをやってるんです。
> 外出先まで持ち歩くほどやめられない状態は
> おっしゃるように 大切な時間を失っていると思います。
>
> DS等をやるなとまでは言いません。
> 適度に かつルールを守ってやれればいいと思います。
> その道筋をたててあげるのが 大人ですね。











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。