プラス思考

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プラス思考


「そんなことを感じているんだね」

「そんな経験をしているのか」


こういったスタンスで傍にいてあげれば、子どもは自然と成長していくもの。

子どもを見るとき、基本的には、現状のままを見て共感してあげていればOKと、
私はよく言っています。


でも、子どもの“成長”を意識すると、つい何かと比較して
子どもを見たくなってしまうのも事実ですよね。

気を付けたいのは、その時に
『高い基準点からのマイナス』
を探してしまいがち、という点。

この見方、改善点・課題を見つけるには一見適していそうですが、
子どもの成長のためには、実は不適切です。

足りないところ・できていないところを次々に挙げることになるので、
子どもの自己肯定感・自信が損なわれて、がんばる元気も出てきません。

そもそも、子どもの目標・ゴール・目指す方向を知らず知らずのうちに
親が勝手に定めてしまう点で、子どもの成長にとって有害でさえあります。

「まだ~ができていないよね」
という見方・言い方はもちろんですが、

「次は~ができるようになるといいね」
という見方・言い方も、この意味では要注意です。


比較して相対的に見たいのであれば、
『低い基準点からのプラス』
を数え上げる、という視点を選びましょう。

親の願望・期待や、「もう○歳/△年生なんだから」という発想は、
いずれも高い基準点からのマイナスを探す視点です。

そうではなく、1年前や、入園・入学したばかりの頃と比べて、
伸びたところを見つける――そんな視点で、子どもの成長を喜んで
あげたいもの。

そういう意味で、“プラス思考”をお勧めします。

いずれの視点であっても、見ているものは同じ“現在の子ども”ですよね。

ならば、親子ともに気分が良く、元気が出る方を選んだ方がいいよね・・・
そんな風にシンプルに理解していただいても結構です。


多かれ少なかれ、子どもは家庭の外の“社会”で
『高い基準点を示されて、そこに到達するための努力を求められる』
という経験をしています。

そしてその要求は、ひとつクリアしても、すぐ次を求められる…と
続いていくことがほとんど。

また、年齢が上がるほど、要求のレベルも強度も高まってくるので、
より大きな頑張りが必要となります。

せめて家にいる時・親と過ごす時くらいは、気持ちを休めて、
次の努力に向けて元気を回復できる時間にしてあげて欲しいです。


―現状を、そのまま見て、認めてあげればOK

―“成長”に目を向けるなら、
 「次に成長してほしいところ」ではなく、
 「最近成長したところ」を見つける


このことを意識の片隅に置いておいていただけたら、うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。