予定変更

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


予定変更

ゴールデンウィーク到来!ですね。
お出かけ予定の方も、多いと思います。

泊りで旅行に行く、といった大きなお出かけだけでなく、
動物園・遊園地・科学館などに行く、
お弁当持って公園へ、
友だちと遊ぶ、
どれも子どもにとっては、楽しみな予定です。


ですが、やむを得ない事情で中止・延期・変更することも、
時にはありますよね。

そんな時に、こんなふうに言っていませんか?

―あ、日曜の映画、行けなくなったから
―明日のお出かけ、お母さん用事ができたから、また今度ね



子どもがぶーぶー言い出したら、

―しょうがないじゃない
―仕事なんだから、仕方ないだろう



場合によっては、伝えるのを忘れていて、子どもに言われてから
「あ、そうそう、それ無理になった」
なんて言っているケースも・・・(汗)


でも、ちょっと待ってください。

もし、相手が大人だったら、自分の都合で約束を変更・中止
しなければならない時に、そんな対応はしませんよね。

丁寧に理由を説明しながら、お詫びをするはず。
同時に代案の提案をすることもあるでしょう。


子どもにも、同様に対応すること、お勧めします。

たかが公園、ただの映画、大人にはそう思えても、
子どもにとっては、楽しみにしていたイベントです。

丁寧に理由を説明して、お詫びをして、可能なら代案を出して
あげたいところ。

「ねぇミク、明日映画に行くって言ってたでしょ。
 ところがね、急にお仕事になっちゃったんだ。
 ミクが楽しみにしていたの知ってるし、パパもすごく楽しみ
 だったんだけど、どうしてもお仕事で困っている人がいて、
 助けてあげたいんだ。
 急に予定を変えちゃって、ごめんね。
 でも、来週の水曜なら早く帰ってこれるから、学校の後に観に
 行けるよ。それでもいいかな?」


こうした対応を取ることで、子どもにはいくつかの重要な
メッセージが伝わります。

ひとつは、『約束は守るべきものだ』というメッセージ。
こうした丁重な対応を取るのは「本来なら約束は守るべき」という
思いがあればこそ。
こうした姿勢を見せることで、『約束は守るべきものだ』という
メッセージが伝わります。

もうひとつは、『やむを得ない時は変更しても良い』というメッセージ。
約束したことに縛られすぎると、苦しくなってしまうこともあります。
「時には柔軟に変更してもいいんだよ」というメッセージは、
いつか子どもの救いになるかも知れません。

そして、最も重要なのは、『1人の人間として尊重している』
というメッセージ。
大人に対するのと同じような対応をしてもらうことで、子どもは
「しょせん子ども」ではなく、「一人前の人間」として大切に
されていることを実感します。
このことは、自己肯定感・自尊感情を高め、自信を育み、自立心を
伸ばすうえで、大きな効果があります。


お出かけの予定だけではなく、
子どもとの約束すべて(一緒にテレビを観る、夕飯は唐揚げにする、なども
において、子どもを尊重する気持ちを持って
接していただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト


大人が相手なら、そういう態度は取らないはず、というところに、激しく頷いています。

自分の親が顕著だったのか、はたまた昭和の親はそんなもんなのか判りませんが、こども相手なら大人の都合が優先されて当たり前、半人前だから、ないがしろにしてもいい、我慢するのは弱い立場の側、そんな幼少期でした。

しかも「家族なんだから、いちいち言わなくても」という甘えまで上乗せされておりました。
私が親に求めていたのは、そして得られなかったのは、一人の人格として尊重してもらうことだったのだ、と改めて確認しました。同時に、私が親に求めて、親から理解してもらえなかったこのことは、私があり得ないほど理不尽な要求をしていたからではない、とくろさわさんのメッセージで勇気付けられました。

こどもたちには、一人の人格として対等であることを常に心掛けていますが、時々親にやられたことを、反射的に口走ったりして後で自己嫌悪に陥ります。
あいつらと同じことをしてしまった。そのときの怒りと悲しみは耐えがたくもあります。

今回のエントリは、ブックマークして読みに来ますね。
cocue-cocueさん、コメントありがとうございます。

そうですね、「子どもを1人の品格として尊重する」ことの大切さを知っていても、日常では「大人の都合を優先」してしまう…となりがちですよね。

本当は、大人の都合を優先しながら、子どもを尊重することもできるのですが、
cocue-cocueさんが経験されたように、親の側に「そこまで丁寧に伝える必要はないかな」という油断・甘えがあることも、実際には多いですよね。

過去の経験へのつらい気持ちを持ちながら、
ご自身の子育てで良い方向に活かしていること、素晴らしいですね。尊敬します。

よかったら、またお越しくださいね!











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。