雨の日は不機嫌

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨の日は不機嫌


心理学で、こんな実験があります。

天気の悪い日に『今の気分』を尋ねると、晴天時に比べて悪い結果
(気分が良くない、という回答)が出ます。

これ自体は、普通のことですよね。

ところが、です。

同じように天気の悪い日に、先に「今日の天候は?」と質問して、
その後で『今の気分』を尋ねると・・・
なんと、晴天時と同じ結果になるというのです。


この実験結果の意味は、

―天気が悪ければ、気分もあまり良くない

―でも、天候と気分を結びつけるチャンスがあると、
 嫌な気分の原因を客観的に捉えることができて、
 嫌な気分は解消する


ということでしょう。

これは、子どもと接する中でも応用できる重要なアイデアです。


子どもの機嫌が悪い時、
気分がふさいでいる様子の時、
元気が出ない雰囲気の時などに、

子どもの気持ちを受け止め、共感してあげたうえで、
その気分の原因について、ヒントを伝えてあげるのです。

「シンちゃん、なんかイライラしてるんだね。
 うまく組み立てられないと、イライラするよね。
 それに、お腹が空いてると、怒りやすくなるしね」

「トモ、なんだか今日は気分がパッとしないみたいだね。
 あるよね、そういう時も。
 特に、天気が悪いと、気分までどよーんとしちゃうよね~」

「どうしたの、ミウ~、泣いちゃってるの~。
 なんか、寂しい気分なのかな。
 そんなふうに、物寂しくなる季節ってあるよね」



これを言った時点では、何の変化もありません。
相変わらず、子どもは怒ったり沈んだり、したままでしょう。

ですが、こういった会話を積み重ねることで、子どもは
『自分の気分が動く時と、その原因』について客観的に捉える
スキルを徐々に身に付けてきいきます。

自分で自分の気分の変動を受け止めて、取り扱えるようになると、
不機嫌・不幸感にとらわれ続けることはなくなります。
ちょうど冒頭に紹介した実験で、先に天候を聞かれてから気分を
答えた人たちのように。


気分の変化自体はなくなることはありませんが、
それと適切に付き合っていくためのスキルは、教えてあげることが
できるもの。

すこし、気に留めておいていただけたら、うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。