自分で伝えよう

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分で伝えよう

今週は、都内の幼稚園で講演がありました。
参加した保護者の方がとても熱心で、多数の質問をいただいて、
充実の講演になりました!

その時に出た質問のひとつと、同じ内容のご相談をメールでも
お受けしたので、今日はその内容をご紹介しますね。


それは、
子どもが人に話をしている、何かを伝えようとしている時に、
どこまで親が口を挟んでよいか…

という質問。

―友達に、お誘いの連絡をする

―おじいちゃん・おばあちゃんに、先週の遠足のことを話す

―飲食店で、自分の分の注文をする


などの場面で、子どもが言うべきことを言い忘れていたり、
伝わりにくい言い方をしていたりすること、頻繁にありますよね。

大人が口を挟めば用は足りますが、せっかく子どもが自分で話していたところに、
そうするのも気が引ける…そんなお悩みです。

言い換えると、
「子ども自身にやらせてあげたい」という思いと、
「伝えるべきことを伝えたい」という必要性とを、
どのように両立させたらいいか?
とも言えるかも知れません。


原則として、子ども自身に言わせてあげる、という考えは私も同じです。

そういった時にお勧めのコツを2つ、ご紹介しますね。


ひとつは、『不足部分を子どもに質問する』という方法。

友達を公園に誘う時に持ち物を伝え忘れていたら、
「えっと、何を持ってきてもらえばいいんだっけ?」
と子どもに尋ねる、そんな方法です。


こうしていれば、「子ども自身にやらせてあげる」ことができます。
…が、時間がかかります(笑)

相手の都合や、その場の状況によっては、いつまでも時間を取る
わけにはいかないこともありますよね。

かと言って親が代わりに説明してしまうと、
「ボクの説明じゃダメなんだ・・・」との印象を与える恐れが
あるのが、気懸かりです。


そんな時には、もう1つのコツを使います。
『子どもに一言断ってから、補足する』です。

一通り子どもが話をしたら、
「ミウちゃん、しっかり自分で言えたね!
 あとママからも、気が付いたことを伝えるね」

と断ってから、話し始めるのです。


こうすることで、子どもは
『自分で言えた!』という満足感と、
『伝えるべきことが、全部伝えられた』という安心感を得られると
同時に、親の補足説明を横で聞くことで、上手な説明方法・伝え方を
学ぶこともできます。


最近では、健康教育の一環として、自分の体の状態(調子の悪いところ)を、
子どもが自分で伝えられるように育てよう――との話も耳にします。

“体調”を言葉で伝えるのは、なかなか難しいもの。
ですが、普段から『自分で伝える・説明する』経験を積んでいれば、
きっとできるようになります。


要領を得ない話・意味不明の説明も数多くあるかも知れませんが(笑)
子どもがスキルを身に付けるための大切な経験なんだとの意識を
持って、寄り添ってあげていただけたら、私もうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。