お駄賃の是非

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お駄賃の是非

―お手伝いをして、お駄賃をもらう。

自分自身が子どもの頃に経験したこともある方が多いと思います。

そして現在は、自分が親になって子どもに同じようにしている場面も、
出てきているかもしれませんね。


“お駄賃”は、子どもにお手伝いを促すうえで、効果的な方法の1つです。

「働いて、お金を稼ぐ」ということを学ぶうえでの最初のステップとしても、
重要な体験です。

就学前は必要ないと思いますが、子どもの成長・発達に応じて、
徐々に取り入れていきたいものです。


ですが、その一方で、懸念もあります。


お手伝いを頼んだ時に、子どもの方から

「お駄賃くれる?」

「100円くれるなら、やるー」


などの反応が返ってくるようになる場合があるのです。


こういった現象については、学者が実験して論文も発表しているんですよ。

何らかの作業・労働について、

「手伝ってほしいのですが、お願いできますか?」 と頼むのと、

「100円お出しするので、やってもらえますか?」 と頼むのでは、

前者の方が了承してくれる人が多い――という結果が出たりします。

理屈で考えて、
前者が「人助けができる」という喜びがあるから手伝うとしたら、
後者は、同様に「人助けができる」喜びに加えて、100円ももらえるのだから、
了承する人が多くなるはずです。

ですが、実際にはそうなりません。
多くの人は「100円しかもらえないなら、やらない」と考えるのです。

つまり「人助け」の気持ちがあるところに、「報酬」を持ち込んでしまうと、
「人助け」の気持ちを失わせて、単純に金額の多寡で考えるように
させてしまう、ということ。


もうひとつ、別の研究をご紹介します。

ある保育園で、お迎えの遅刻が多くて困っていました。

そこで、園は罰金制度を導入します。
『お迎えの時間に10分以上遅れた場合、罰金を取ります』

すると、遅刻者は増え続け、以前の2~3倍の水準になってしまったのです。

以前は
「約束の時間を守らなきゃ」
「遅れたら、先生に悪い」

などの気持ちで、保護者はお迎えに来ていたのが、

「罰金を払えば、遅れてもいい」
さらには、「この金額で、延長保育してもらえるなら」

といった感覚に保護者の意識を変えてしまったため、
遅刻は逆に増加してしまいました。

この実験には続きがあります。

遅刻の増加を受けて、罰金制度を廃止して、元に戻しました。
そうしたら、遅刻は・・・


まったく、減りませんでした。
相変わらず、昔の2~3倍の水準のままだったとのこと。

つまり、一度「人助け」などの気持ちを失わせてしまうと、
簡単には元には戻せない、ということなのです。

~~~~~~

家庭で“お駄賃”を活用して子どもにお手伝いをさせること自体は
悪いことではありませんが、

「どのようなお手伝いにお駄賃を出すか」は、慎重に決めた方が良いでしょう。


日常的なこと、あるいは「人助け」などの気持ちを忘れてほしくない
ことについては、お駄賃は出さず、

仕事として捉えて良いこと、親の仕事を直接・間接にサポートする
ことについては、お駄賃を使ってもOK、

そんな感覚で判断できれば大丈夫そうですね。


実際には、その領域の境界はハッキリしませんが、
参考にわが家の例をご紹介すると、こんな具合です。

・食卓の片付け
・部屋の片付け

などは、日常生活の一部なので、報酬なし。

代わりに、
「テキパキ片付いて、助かるよ!」
といった声を掛けたり、

「テーブルが空いたから、みんなで遊ぼうか!」
と、片付けたことのメリットを実感できる体験を与えたりします。


・私の忘れ物を届けてもらう(笑)
これは人助けなので、報酬なし。

その代わり、感謝の気持ちをい~っぱい表します(笑)


・書類をホッチキス止めする
・郵便局に行って書類を送る

など、仕事の一部を頼む時は、報酬を出します。

仕事の難易度によって金額を変えるだけでなく、
納期によっても報酬額を変える(「今日中にやってくれたら100円、
明日だったら50円」のように)といった提案も、最近では試しています。

こうした提示をすると、子どもは頭をフル回転させて考えます(笑)

~~~~~~

子どもの年齢によって頼める内容も違いますし、
最初のうちは、大人と同じ役割が担えることが嬉しいという
気持ちもあるので、その時期は報酬を混ぜ込まない方が良い、
との判断も大切です。

一度決めた方法を、後で変更することは問題ありません。
特に[報酬なし→報酬あり]への変更は、スムーズに移行できる
ことが多いです。

子どもの感じ方を察しながら適切に調節してあげること、
気にしておいていただけたら、うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。