本音はバレる

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本音はバレる

学校に通っている子は、そろそろ1学期が終わるころですね。
今日は、わが家の子どもたちも終業式です。

終業式と言えば、通知表ですよね・・・

成績が良かったり、悪かったり。
昨年度より上がったり、下がったり…
生活面の評価や、所見欄も気になります。


読者の皆さんは、成績表を見るなり
「ダメじゃないか、こんな成績で(ー_ー)!!
 もっと勉強しなさーい!」

と頭ごなしに怒鳴ることは、さすがにしていませんよね?!


逆に、内心では『今回の成績はあまり良くないな…』と思いながら、
「よくがんばったね!」と言っている方は、いるかも知れません。


ですが、この接し方も、実は要注意です。
理由を端的に言ってしまうと、ウソで褒めても、ウソがバレる
ことがあるから。

その瞬間の様子から、あるいは別の場面での言葉や表情から、
「本当はもっといい成績を取ってほしいと思っている」
と、子どもはいつか、感じ取ってしまいます。

このように、本心ではもっと良い成績を望みながら、言葉では
褒めるという接し方を続けていると、子どもはこんなメッセージを
受け取ることがあります。

―本当は、良い成績を望んでいる
―でも、決してそれを言わない
―むしろ、現状を褒めるような発言をする


→きっと、ボクにはいい成績が取れないと思っているんだ
→本当だったら不満足なはずのこの成績でさえ褒めなきゃいけない
 ほど、ボクの能力は低いと思われているんだ


ちょっと複雑な思考ですが、小学校中学年~高学年くらいであれば、
これくらいのことを考える可能性は、充分にあります。

だから、本心を隠してウソをついて褒めるのも、良くありません。


では、率直に、成績への不満を表現するのが良いかというと、
やはりそうではありません。


私がお伝えしたいのは、
『子どもの成績に、一喜一憂するのはやめましょう』
ということ。


これは、長期的な視野で見ましょう、といった趣旨ではありません。


学校の成績は、あくまでも、子どものもの。
それに対して、親が悲しんだり、怒ったり、喜んだりすること
自体が、おかしいと思うから。

親が直接的に感情を持ってしまうと、それは遅かれ早かれ、
『親のために良い成績を取る』というプレッシャーを生み出します。

それは、子どもの人生に踏み込みすぎの状態。

良い成績を取りたいかどうかは、子ども自身が選ぶことですし、
手にした通知表の内容をどう感じるかも、子ども自身が決めること。


親がやっても良いこと、やるべきことは、子どもの気持ちに寄り添うこと。

子どもが感じている、嬉しい・得意・悔しい・恥ずかしいなどの
気持ちを受け止めて、共感してあげることが親の役目だと、
心得ておきましょう。

つまり、
「おお、いい成績だなぁ、よしよし」
と、親が喜ぶのではなくて、

「お、成績が良くて、嬉しいんだね!
 ハナちゃんが得意な気持ちになってること、伝わってくるよ~」

と、喜んでいる子どもの気持ちに寄り添ってあげる。


あるいは、
「うわ、なんだぁ、この成績は!」
と腹を立てるのではなく、

「おやおや、国語の成績が落ちて、悔しいんだね。
 納得いかないなぁって気持ちなんだね」

と、子どもの気持ちを言葉に表してあげる。


考え方・意識を変えましょう――という話なので、すぐには難しいかも
しれません。

ですが、この時期だけでも意識しておいていただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。