手放しで褒める

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手放しで褒める

少年サッカーの練習でありがちな、一場面…

子ども:左足でシュートした方がいい状況で、
    つい利き足の右足を使ってしまう
 ↓
コーチ:そこだったら、左で打たなきゃ~
 ↓
子ども:苦手な左足でシュートを打ったものの、
    ボールはあらぬ方向へ
 ↓
コーチ:枠に打たなきゃダメだよ~
 ↓
子ども:ようやくゴールの枠内に打てたけど、
    ボールはゴールキーパー正面へ
 ↓
コーチ:キーパー正面じゃ入らないぞ~。端を狙え、端を


似たようなことが、親子間でも起きています。

子ども:
絵を描いて、得意気に「パパ、見て~」
パパ:あれ、ここの色がちょっと変じゃない?
    黄色にしたらもっと良くなるよ。

子ども:テストを持ち帰ってきて「100点だったよ!」
ママ:なに、この字は(+_+) もっと丁寧に書きなさいよ~


きっと、コーチもママも、言っていることは正しいのでしょう。
子どもが、もっと上手に・より良くできるように、と
親身になってアドバイスをしてあげています。

でも、この接し方では、“やり方”は教えてあげていても、
「やりたい!」という“気持ち”を支えてあげることは、できていません。

がんばる→アドバイス→がんばる→・・・
これでは、いずれ子どもはガス欠を起こしてしまいます。

がんばった時・何かを得意げに報告してきた時は、まずは一旦、
手放しで褒めてあげたいところです。

がんばる→褒められる→やる気再充填→アドバイス
  →がんばる→・・・

こんな具合なら、きっと継続的にがんばれるはず。
(もちろん適度な休息は必要ですが)


親の役割として「褒める」「アドバイス」を挙げていますが、
この2つのうちでは「褒める」の方がずっと重要です。

アドバイスはなくても自分で考えることができますが、
(実際には、ほとんどの場面でアドバイスを与えるよりも
 自分で考えた方が良いものです)

意欲・やる気が尽きてしまったら、それ以上がんばることはできません。

また、アドバイスされたこと・自分で考えたことがすぐにうまくできる、
なんてことはありません。
同じ失敗をしばらく繰り返す、ということがほとんど。
その間も「うまくできなかったけど、次もがんばってみよう!」
思えるように、子どもの気持ちを支えることは、とても重要です。

だからこそ、まずは『手放しでほめる』こと、意識してくださいね。


絵を描いて、得意気に「ねぇ、見て~」と言ってきたなら、
「おお、なんだか素敵な絵だなぁ~!
 見ていると楽しくなってくる♪」


テストを持ち帰ってきて「100点だったよ!」と報告してきたら、
「わぁ、ほんとだ~!良かったね♪
 日曜日に計算ドリルいっぱいやったから、全部できたんだね☆」


こんなふうに接してあげたら、子どもの意欲は再びmax!です(^^)

~~~~~~

ちなみに、冒頭のサッカー練習の例ですが、私はこんな具合に
声をかけています。
私は子どもたちに上達させてあげたいとの欲が強いので、
もれなく一言ヒント付きですが(^_^)v

子ども:左足でシュートした方がいい状況で、
    つい利き足の右足を使ってしまう
 ↓
くろコーチ:
「シュートコースが空いてるのが見えたんだね!ナイス!
 あの場所は、どっちの足だとゴールの方に蹴りやすいだろう?」

 ↓
子ども:苦手な左足でシュートを打つけど、ボールはあらぬ方向へ
 ↓
くろコーチ:
「グッド~~!左足の方が良いって気づいて、試してみたんだね!
 もっとチャレンジして、枠に飛ばせるようになれるといいね!」

 ↓
子ども:ようやく、ゴールの枠内に向けて打てた!
    でもゴールキーパー正面へ
 ↓
くろコーチ:
「ナイスシュート!左足で枠に打てるようになってきたね!
 いっぱい左足でチャレンジしたからだね。
 あとは、ゴールのどのへんを狙うと入りやすいかまで
 考えられたら、いっぱい点が取れるぞ♪」


実際には、1つのことを習得するのに何十回もミスや失敗があるのですが、
その間ずっと
『チャレンジできたことが良い』『ミスは気にしなくていい』『次もやってみよう』
と声をかけ続けます。

そうすることで、安心して失敗できる雰囲気をつくり、
何度でもチャレンジしようという意欲を引き出しています。

~~~~~~

―子どもががんばった時は、まず手放しで褒める―
まずはこれだけで良いので、意識しておいていただけたら
うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。