お菓子作り(自分編)

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お菓子作り(自分編)

先日書いた、娘のクッキー作り記事が人気だったので、
今度は自分のお菓子作りを(笑)

以前から、パンやらスコーンやらクッキーやら作っていましたが、
ここ最近はお菓子作り熱が高まっております(^_^;)

どうやら私はふんわり系よりもサクサク系の方が好きらしく、作るものも偏っていますが、ここにいろいろとご披露させていただきます~

まずは、サブレ。
レシピ本には米粉を配合と書いてあるのですが、そんな洒落たものはないので構わず小麦粉で作りました(笑)

まるく円筒形にまとめて、側面にグラニュー糖をまぶしてあるのがポイントです♪
昔だったら絶対に省略したであろうプロセスを丁寧に実施したことで、ちょっと本格的っぽい仕上がりになりました(^_^)v
サブレ
これは大成功で、食べてもらった人全員から絶賛してもらえました♪


続いて、さくさくショートケーキ。
スポンジではなく、スコーンっぽく焼いたものを半分に割って、クリームと桃を挟みました。
仕上げの生クリームは娘の意匠です(笑)
さくさくショートケーキ

生地がしっかりしているので、フォークを刺すと桃とクリームがぶにゅっと出てきてしまったりしますが、味的には大変好みに仕上がりました~


それから、ブルーベリーマフィン。
以前のブログでご紹介した、マフィン型を使って焼きました。

もうレシピも確立しているから、失敗はありませんv(^^)v
ブルーベリーマフィン

自慢ですが、贈り物・売り物にできるクオリティです☆


その後、しばらくプリンブームが続きました。

かぼちゃプリン
カボチャプリン

さつまいもプリン
サツマイモプリン

どちらも、かぼちゃ・さつまいもをたくさん入れて、裏ごしせずに作ったので、すごい食感に仕上がりました(^^ゞ
「さつまいもプリン」というより、「プリン風さつまいも」と呼んだ方がいいくらい(笑)

あと、蒸す時に圧力鍋を使ったせいか、蒸した後に冷やすと中央が凹んで穴が開くのも、悩みでした(・_・;)

最後に、ちゃんと裏ごししたかぼちゃプリンを作って、ブームは終結しました。
(裏ごししても、中央は凹んだけど)


次は、プチタルト。
買い物に行ったら、タルトの台の部分だけのできあがったものが売っていたので、迷わずゲット。
市販のタルト台

娘からのリクエストで、ぶどう(デラウェア)入りのタルトを作ることに。
カスタードクリームを作って、3つはデラウェア入りに。あとは適当にいろいろ入れてみました。
プチタルトいろいろ

すごーく美味しくて満足な出来でしたが、市販のタルトは高いから、頻繁には使いにくいかなぁ


次にご紹介するのは、ある休日の朝ごはんに作った、パンケーキ。

私は普通に焼いて、
冷凍庫で見つけたラズベリーでソースを作って、
ちょっとキレイに盛り付けてみました。
パンケーキ ラズベリーソース
ミントの葉が載って、本格的に見えるでしょ♪
このミント、マンションの植栽から娘がこっそり収穫してきたことは、秘密です(*^_^*)

パンケーキを作っていたら、突如娘が「作りたいものがある!」と言ってキッチンに乗り込んできました。
1枚焼いたと思ったら、残った生地にココアパウダーを入れて・・・

できあがったのが、これ!
DSC_0932125.jpg

以前に読んだマンガの中で、主人公が作っていたものを真似たとのこと。
ラズベリーのリボンと、シャインマスカットの首飾りは、娘のオリジナル☆
創作意欲、高いです(笑)


別のある日、娘の書道の先生(私も都合がつく時は一緒に習っている)から栗をいただいたので、さっそく茹でて・・・

パウンドケーキに投入!!
栗入りパウンドケーキ

殻からスプーンで掘り出す時に、どうしても崩れてしまうことを逆手にとって、
細かいカケラは生地の中に、大きいやつを飾りを兼ねててっぺんに並べて焼きました!

パウンドも何度も作ってレシピは確定しているので、期待通りの美味しさ♪
大好きな栗を贅沢に使えて、幸せ(^o^)
K先生、ありがとうございます~m(_ _)m


この頃から、娘からの「チーズケーキ食べたい」リクエストの圧力が増してきまして、
買い物ついでにケーキの焼型(ケーキがくっつかないフッ素加工、しかも底が外れる優れもの!)を購入。

人生初の、ベイクドチーズケーキでございます。
ベイクドチーズケーキ

クリームチーズを260g、さらにカッテージチーズも少々加えた、芳醇な味わい~
舌の肥えた息子をして
「なにこれ、お店のじゃん!てか、それより旨いし」
と言わしめた、最強の仕上がりとなりました。

それならば、と気を良くして張り切る単純な私。
ベイクドチーズケーキ ブルーベリーソース

チーズとブルーベリーって、合うんですよね。
息子も娘も、ソースを一滴も残さないように!くらいの勢いで丁寧に食べてくれました(^^)


で、クリームチーズが半端に残ってしまったので、
もう1パック買ってきて、挑戦したのがレアチーズタルト。

タルト用の焼型がないので、ベイクドで使った背の高いケーキ型で無理やり作りました。
タルト生地を上手に薄く円く伸ばすことができず、テキトーに指で型にぐりぐりやって済ませてしまいました(-_-;)

タルト台だけ先に焼くのですが、この時に錘(おもり)を載せなければなりません。
専用の製菓用の錘も売っているのですが、そんなものを買うのも癪です(貧乏性につき)
書道のお稽古の時にそんな話をしたら、K先生から「お米を重りに使っても大丈夫」との豆知識をいただいて、飛びついたことは言うまでもありません。
ちゃーんと、お米の重石で焼けましたよ♪

焼けた台に、レアチーズのフィリングを流し込んで、冷やせばできあがり。
レアチーズタルト

やっぱりタルト台のところの出来栄えが微妙です!
底の部分が分厚くて、食べ応えありすぎ(笑)
逆に壁の部分が貧弱で、ところどころチーズこぼれそうになった(汗)


レアチーズタルトを作った時、タルト台の分量が「2個分」だったので、残った生地で何を作ろうか・・・
その時に家にあったのが、素焼きのアーモンド。

それでは、と、アーモンドタルトを作ることに。

今回は、娘がタルト台を型にセットする作業に挑戦したい!ということで、
(絶対に失敗しそうでイヤだったんだけど)
(でもまあ、これも経験さ!と思い直して)
やらせてみたところ・・・

案の定、大失敗~(*^O^*)
2人で四苦八苦して辻褄を合わせるように、何とか修復しました(笑)

フィリングにはアーモンドパウダーと、砕いたアーモンドの両方を入れて、オーブンへ。
カッコは悪いけど、風味豊かに仕上がりました♪
アーモンドタルト


オマケに番外編。

たまーに、娘が私におにぎりをリクエストすることがあります。
依頼されるのは2種類あって、「おにぎり」と「お父さんのバカデカおにぎり」(笑)

この日のオーダーは、後者でした
ビッグおにぎり

海苔は全形の1/2を使用。
大きさが分かるように、ボールペンとの比較でご覧ください(笑)

両手で抱えて、美味しそうに楽しそうに、食べておりました


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。