ゴールが見えれば頑張れる

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴールが見えれば頑張れる

一昨日のクリスマスイブは、サッカースクールの年内最後の練習日。
そして昨日はクリスマス会でした。これで年内の活動は終了です。

今日は、この1年間のサッカー指導の中で私が気を付けていたことの
1つをご紹介しますね。


練習メニューにはいろいろなものがありますが、
ある動作や技術を繰り返し練習するようなシンプルなメニューの時は、
どうしても子どもの集中は途切れやすく、飽きやすいもの。

そういったメニューはあまり頻繁には実施しませんが、
やる時には必ず
『この練習が、試合の時にどのように役立つか』
を伝えるようにしています。

「この練習をすると、ダブルタッチが上手にできるようになるよ」

「ダブルタッチができると…(実演)…ほら、一瞬で相手を抜けるんだ!」


こんなふうに説明すると、子どもたちは目の色を変えて、
真剣に練習に取り組みます。
中には「コーチ、そこに立ってて」と私を相手に練習する子も。
その日の最後のミニゲームでも、練習した技を試してみる選手が必ず現れます。


このように、『その努力によって得られるもの』を示してあげることは、
子どもの意識を高く保ち、集中力を引き出す上で、非常に効果的です。


これは、サッカーに限った話ではありません。
子どもの努力・頑張りを支えるうえで、広く活かせる方法です。

最近、私が娘に言った事例を2つご紹介すると…

―病気の時に、ただ「熱があるんだから寝てなさい」ではなく、

「熱があるね…きっとハッケッキューがカゼ菌と闘っているんだね!
 今寝ておけば、体は病気との闘いに専念できて、早く治りそうだね。
 しかも、今回カンペキにやっつけておけば、ハッケッキューさん
 の腕が上がって、風邪をひきにくくなるんだよ!」



―冬休みの宿題については、単に「早くやってしまいなさい」ではなく、

「早めに済ませちゃえば、あとは遊び放題だね~」
「30日からおじいちゃんちに行くよね。だから、家で宿題をできるのは
 今日から4日間と、あと帰ってきてからの3日間か。
 この間で、うまく時間配分できるといいね!」



子どもに向かって、ただ「がんばれ」「しっかりやれ」「早くやれ」と言う代わりに、
『早くやる、しっかり頑張ることで得られるゴールを見せてあげる』
ことを意識してあげていただけたら、私もうれしいです!


今年も1年間、ご愛読ありがとうございました!
良いお年をお迎えください~(^o^)


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。