「ありがとう」に添えて

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ありがとう」に添えて

子どもが親切にしてくれた時、ちゃんと「ありがとう」と言っていますか?

子どもに「ありがとう」を言うように指導・躾をするなら、
まずは親自身が率先してその姿を見せてあげたいところです。

親が「ありがとう」を言わずに、子どもに対しては指摘する、
という接し方を続けていると…

子どもには
『自分のことは棚に上げて、他人に対して指摘ばかりする』
という振る舞い方が伝わってしまいますよ。気を付けてくださいね。


さて、今号では親自身が「ありがとう」を言うことよりも
一歩進んだ内容をお届けします。


普通は、子どもが親切にしてくれた時に「ありがとう」と言いますよね。

―食事の時に、食卓に醤油を持ってきてくれた。
「リュウセイ、ありがとう!」

―遊びに行く時に、行先をメモに書いて残してあった。
「ミユ、ちゃんと行先を書いておいてくれたんだね。ありがとう」


お勧めしたいのは、この「ありがとう」に加えて、
「なぜ、ありがたかったのか」を一言添える、という接し方。


―食事の時に、食卓に醤油を持ってきてくれた。
「リュウセイ、ありがとう!
 今日はお刺身だから、醤油がテーブルにあるとすぐに使えて助かるよ」


―遊びに行く時に、行先をメモに書いて残してあった。
「ミユ、ちゃんと行先を書いておいてくれたんだね。ありがとう。
 こうしてメモが残っていると、どこに行っているかわかるから、
 安心して待っていられるんだ」



こんな具合に伝えることで、子どもに対して
『自分の行動が、他者にどのような良い影響を与えたのか』
の理解を助けることができるのです。

ここまで深い理解を繰り返し体験できた子どもは、
“相手の状況を見ながら適切な親切行動を選ぶ”ことのセンスも
磨かれていきます。

その違いを非常に極端な例えでお伝えすると・・・

「ありがとう」だけ言っていると、
「とにかく醤油を持って行くと喜ばれる!」という誤解を生む恐れがあり、
サンドイッチでもパンケーキでも醤油を持ってきてしまう可能性
がありますが、

「どうして嬉しかったのか」を一言添えていれば、
「醤油を使う料理の時は、醤油を持って行くと喜ばれる」と正しくメッセージが伝わるので、
サンドイッチの時には子ども自身が頭を働かせてマヨネーズを持ってこれるようになる


・・・このような違いを生み出す、ということ。


この違いは、かなり高度な“思いやり”スキルそのもの。

―相手の状況を理解し、
―相手の立場で必要なこと・求められていることを察し、
―適切な援助をしてあげる。


こんな発想と、それを実行する能力を育むことができるのです。


子どもに「ありがとう」を言う時に一言添えること、頭の片隅に
置いておいていただけたら、私も嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。