そんなヒマがあるなら

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そんなヒマがあるなら

―そんなことしてるヒマがあるなら、勉強しなさい!

―どーでもいいことしてるなら、早くお風呂入っちゃいなよ

―バカなことばっかりやってないで、少しはお手伝いして


こういった一言を子どもに発したこと、ありませんか?


ついこう言いたくなってしまうほど、
子どもはよく無意味な(に見える)こと、
無駄な(のように思える)こと、
しますよね(苦笑)

例えば・・・

・くだらないダジャレを考える

・下品な替え歌を作詞して熱唱する

・公園で友達とじゃれ合う(しかも毎日飽きもせず…)

・真冬なのに水風船バトル

・ひとりファッションショーで真剣にモデル歩き

・至近距離で鏡を見て自分の毛穴の観察

・ひたすら無心に足の裏の皮をむく


挙げだせばキリはなく、虚しさだけが募ります(笑)

よく見ると、中には無意味・無駄なだけでなく、
害のありそうな気がするものさえ…(・_・;)

しかも、必要なこと・大切なことを後回しにしていることもしばしば。

ついつい「そんなことしてるヒマがあるなら・・・」
言いたくなるのも、無理はありません。


でも、少し待ってください。

確かに、大人の言うことは正しいです。

でも、その“正しい”の意味は、
『すぐ、目に見える形で、大人の価値観に合う結果の出るもの』
であることが多いのでは。

こうした“正しさ”の外側にあるものは全て失ってもよい――とは、
言えないのです。


一見「無意味」「無駄」と思えることにどのような意味があるのかは、
私でも説明できません。
(説明できる部分もありますが、やはり限界があります)

1つだけハッキリ言えるのは、
『子どもが“自分の世界”を過ごしている時間は、決して無駄ではないはず』
ということ。

子どもが能動的に集中しているなら、その時間を尊重して大切にしてあげる
――それが、子どもの育ちを支える姿勢なのだと思います。

今日はいつもに比べて明確さに欠ける内容ですが、大切なことと持ってお伝えしました。
ぜひ、頭の片隅に置いておいてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。