ドアは開けておこう

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドアは開けておこう

中学生の息子から、こんな謎かけを出されました。

10円玉を用意してください。
彫られているのは、平等院鳳凰堂です。
この中央にある扉をじ~っと見ていると、扉がとじたりしまったりするのです。
なぜでしょう?



私は以前に類似の謎を聞いたことがあってすぐに分かりましたが、
娘はしばらく唸ってから正解、妻は最後までわからなかったようです(^_^;)

~~~~~~

『子どもを守り、保護するのは親の務め』

確かに、その通りです。


でも少し、言葉が足りません。
正確に言うには、『子どもに求められている時に』が必要です。

いつでも一緒にいて、常に守って、何でも世話をする――では、ありません。


例えて言うなら、

―手を繋いでいながら、いつでも子どもが手を放して行けるようにしておく

―親という安全基地で守ってあげていても、扉は開けておく


これが、本来の“子どもを保護する”のあり方。


とは言え、子どもが小さいうちは、
ほぼ『いつも一緒』で『常に守って』いて『何でも世話』をしてるのが実態ですよね。

でも、その状態に慣れて当たり前に感じるようになってしまうと、
いつの間にか
『子どもが親の保護下から離れて行こうとした時に止めてしまう』
となってしまいやすい点が問題です。

『いつでも保護』というのは、基地の扉が閉まったままの状態。
閉じ込められた子どもは、自ら世界を探検し、様々な発見と成長を
する機会を奪われて
しまいます。

それは、適切ではありません。


子どもが「自分で考えたい」「自分で行動したい」と思った時に、
その機会を保障してあげることは、非常に重要です。


そして、それと同じくらい重要なのが「親の手を放して行った子どもが、
いつでも戻って来れるようにしておく」こと。


子どもが、遠足の荷物を「自分で用意する!」と張り切って準備を始めたとしましょう。

ところが、収納場所のわからない物があった時に…

―ねぇ、レインコートってどこにあるの~?
「自分で用意するんでしょ!」

これでは、子どもが基地を出て行った後に扉を閉めてカギを掛けてしまったようなもの。
次から、安心して外に出て行けなくなってしまいます。
閉め出しは、かわいそうです(笑)


「自分でやってみたいことは、どんどんやってみよう」
「もし困ったら、いつでも言っていいよ」


こんなふうに、いつでも扉は開けておいてあげること、
意識してあげていただけたら、私もうれしいです!


※冒頭の謎かけの答えを知りたい方は、メールくださいね!
 こっそり教えます(^^)


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。