育休男子会

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


育休男子会

3月2日の月曜日、RG育休男子会なるイベントに参加してきました。

その名の通り、育休取得経験者のパパたちの集い。
みんなリクルートグループ(私が以前に在籍した会社や、グループ会社)の方々です。

育休取得の時期や期間については、それぞれ異なります。
子どもが生まれてすぐに取った人もいれば、子どもが1歳になる直前だった人も。
取得期間も幅があって、1週間から半年までいろいろ。
周囲の賛同具合も人によってまちまちで、「いいね!」から「この年度末に…」までいろいろな反応があったようですが…

それでも、皆が共通して言っていたのが、
「育休、取って良かった!」

ある人は、夫婦の関係も良くなったと言い、
別の人からは「ずっと一緒にいすぎると、逆にね…」なんてコメントもあったりしましたが(苦笑)

ひとつ印象的だったのは、子育ての大変さだけでなく、『育児と並行で家事をすることの難しさ』を実感できて良かった、という声。
もともと家事が得意だったという彼は、
「育休を取らなかったら、この大変さがわからないまま奥さんに『そんなこともできないの?』と言ってしまって、致命的な溝を作ってしまっていたかも」
と話してくれました。
これって、奥さんの苦労を心から共感・共有できている、そんな状態ですよね。素晴らしいと思いました。

あと、特筆すべきことは、仕事を休んだことのデメリットを、誰も感じていなかったこと!
「心配していたような問題は何もなかった」
「そんなことよりも、育休を取って自分が成長できたこと、自分自身の仕事に対する姿勢がハッキリ・シッカリしたことの意義の方がはるかに大きい」

そしてもちろん、子どもとの関係は、育休終了後もみな良好
育休を取ったからこそ得られたいろいろな体験談も、楽しく話しました~♪

出産と授乳以外は、男女にできることに差はない。
男だから、女だから、ではなく、それぞれの家庭でちょうどいい役割分担ができるといい。
すべての家庭に育休が必要とは言わないけれど、少しでも関心があるなら絶対に取るべき。


そんな話を、熱く語り合いました。
あっという間の3時間半、とても楽しかったです。

私を誘ってくれたSさん、幹事を務めてくれたYさん、一緒に語り合ってくれた7人の仲間たちに、心から感謝です。


今年は、保育園の父親の会で育休体験談を話したり、自衛隊で育休取得推進の講演会をしたり、私個人としても育休推進がブームです。
またこういった場にお招きいただけること、楽しみにしています~(^o^)


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。