言い訳名人の育て方

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


言い訳名人の育て方

子どもが、トラブル・問題を起こした時。

多くの方は
「なんで、そんなことしたの?」
と訊いているのでは。

当然ながら、経緯を聞いて、原因を知って、再発を防いで、
子どもの安全と幸せを守ることが目的ですよね。

もしかしたら、すこーし苛立ちも込められてしまっているかもしれませんが(苦笑)

そんな思いが込められた、
「え、何やってるの? なんでそんなことしてるの?」
という、親の言葉。


この言葉、子どもの側からはどのように見えているでしょうか。

子どもは言葉を文字通りに受け止めるので、
(はじめのうちは)そのまま質問に答えます。
「・・・してるの。」
「・・・だから、やってみたんだ。」
と。

その結果、叱られてしまうこともあるでしょう。
「ダメだよ、そんなことしちゃ」
「危ないに決まってるじゃない」
など…。

このように、[訊かれる→答える→叱られる]の経験を繰り返し
ながら、子どもは学習していきます。

「問題が起きている時は、訊かれたことを正直に答えると叱られるんだ」と。

また別の面では、子どもは親の言葉を聞くのと同時に、
気持ち・感情も察しているものです。

なので、親が苛立ちを含みながら
「え、何やってるの? なんでそんなことしてるの?」
と言う時、子どもはこんなふうに考えます。

・ママ/パパは、なんだか怒っているみたい。
・こういうふうに訊かれる時は、叱られる時。
・きっと今日も、ボクが悪いって責められるんだろうな。
・責められたり、叱られたりするのはイヤだなぁ…


そしてその結果、子どもは自分の身を守る必要に迫られます。
その時に護身の手段として子どもが使うのが『言い訳』という
方法なのです。

(子どもによっては、殻に籠って何も話さなくなる、ウソをつく、
 などの方法を取ることもあります)


もし、子どもに対して「なんで」と訊いた時にすぐに言い訳が
返ってくるようだったら、このパターンがすっかり定着して
しまっていると思った方が良いでしょう。


思い出してください、私がいつもお伝えしていることの1つに、
「繰り返したくさん経験したこと=上達する」
があります。

だから
「上達するためには、たくさん経験する必要がある」
「上達のために親ができることは、子どもがその経験をできる状況を
 たくさん作ってあげること」

ともお伝えしています。


親の「なんで」に子どもが言い訳を返すパターンが定着している
というのは、言い換えれば
『言い訳を上達させる流れを作ってしまっている』
ということ。

親が子どもを“言い訳名人”に育ててしまっているのです。

そんなことを、望んでいなかったのだとしても・・・

~~~~~~

もう一度、スタートに戻ってみましょう。

子どもがトラブル・問題を起こした。
→経緯を聞いて、原因を知って、再発を防いで、子どもの安全と
 幸せを守りたい。

ここまでは、おかしいところはありません。

でもここで「なんで」という言葉は使えません。子どもを言い訳
モードに入れるスイッチになってしまっているからです。

また、苛立っていることに気付いたのなら、切り替えが必要です。
親の怒りも、子どもにとっては
『自分を守る必要を感じる=言い訳に向かうスイッチ』
になっていますから。

ただ事情を知りたいという意図で、シンプルに尋ねてみましょう。
「何がどうなったのか、最初から教えてもらってもいい?」と。


子どもが話している間は、ゆっくり聞いてあげます。

子どもが話し終えたら、こんなふうに話を続けてみてください。

「なるほど、それでこういう結果になったんだね」

「この結果、アユムにとって、どう?」

「そう。じゃ、今度はどうしたらいいと思う?」



この流れを言葉にすると、

・子どもが、起きたできごとを振り返る

・子どもが、原因と結果を理解する

・子ども自身の視点・価値観で、その結果を評価する

・(その結果が望ましくないものなら)別の結果を得るための、
 新しい方法を子どもが自分で考える


このような経験をする時間になっていますよね。
つまり、“反省と改善の名人”を育てる、そんな接し方。


親の接し方ひとつで、子どもを言い訳に走らせるのか、
反省と改善を引き出せるのかが大きく変わってくるということ、
ぜひ胸に留めておいてくださいね。

~~~~~~

余談をひとつ。お気づきの方もいるかもしれませんが、
『言い訳名人の育て方』と、『反省と改善の名人の育て方』は、
実はよく似ています

言い訳名人の育て方を言葉にすると、

・親が、起きたできごとを調査する

・親が、原因と結果を分析する

・親の視点・価値観で、その結果を評価する

・(その結果が望ましくないものなら)別の結果を得るための、
 新しい方法を親が子どもに指示する


こんな具合です。

さっきの「反省と改善の名人の育て方」の主語を、
すべて“子ども”→“親”に置き換えると、
「言い訳名人の育て方」になるのです。

よかったら、このことがどのような意味を持つのか、
じっくり考えてみてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。