なぜ泣くの

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ泣くの

子どもは、よく泣きます。

空腹、オムツが濡れている不快感、暑い・寒い、痛い・苦しい、
思い通りにならなくて悔しい、etc...

年齢にもよりますが、子どもは様々な理由で泣くものです。


その一方で、泣いてはいるけど原因不明・理由不明――という時も、ありますよね。

―寝起きで機嫌が悪い、など大した理由がなく泣いている

―最初は理由があったけど、泣いているうちに理由を忘れた/
 どうでもよくなったけど、泣き続けている

―最初から原因不明(・_・;)



子どもと付き合う中で、
このように『理由なく泣く』時もある、
そして、
当然のことながら理由・原因がない以上、解決のしようがない

――ということは、そのまま受け入れるしかないことの1つです。


残された選択は「そのうえで、どう対応するか」。


そのような時、泣いている本人も「なぜ泣いているかわからない」状態
だということを理解してあげましょう。

なぜ泣いているかわからなくて困っているかもしれないし、
あるいは、意地だけで泣き続けていることもあり得ます。

その場面で、
「どうしたの?」
「なんで泣いてるの?」
「どうしたいの?」

などの質問は、すべて無意味

「訊かれたって困る!」というのが、子どもの心境でしょう。

同様に、
「何か食べる?」
「公園行こうか」
「ビデオ観ようね」

なども、あまり良い対応とは言えません。

お腹が空いているわけでもないし、アンパンマンが観たくて泣いていたわけではありませんから。
目先を変えさせることには成功するかもしれませんが、子どもに『受け止めてもらえた感』はないでしょう。

つまり、理由なく泣いている時は、何を言っても、何をしても、あまり意味はないのです。


そんな時の対処法はただ1つ。

ただ抱っこしていてあげて、あるいはそばにいてあげて、
気が済むまで泣かせてあげる。
そして、
泣き止んだら、ひとこと「スッキリしたね」と声をかける。



この対応を子どもの側から見れば、

―理由なく泣いていても、そのままを受け止めてもらえる

―泣き止んだ時に、気持ちを切り替えるきっかけを与えてもらえる


という接し方。
子どもがありのままでいられる、安心感のある接し方です。

~~~~~~

理由が分からずに泣いている子に接するのは(慣れないうちは特に)親の方もつらいものです。
ですが、「そんな時もあるさ」という穏やかな態度が子どもを安心させることもあるということ、頭に置いておいてくださいね。

考えつくしても泣く理由がわからない時に思い出していただけたら、私もうれしいです!

──────────────────────────────
< 著 書 紹 介 >

泣き止むまで、ずっと抱っこ――と言っても、2時間も3時間も泣く子はまずいません。大抵は、10~15分以内で収まるもの。
「今はこの子に付き合う時間」と決めて接していれば、意外とすぐに泣き止みます。

一方で、最近の相談事例で気になるのが
『子どもと過ごす時間が取れない』
『時間がなくて子どもの話を聞いてあげていない』

方が多いこと。

そんな方に向けたコラム
<パパ・ママお悩み相談室:子どもと過ごす時間が取れない>
も、大切なメッセージです。

「自分で考えて行動できる子」に育てる本



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。